生理前になると胃がムカムカしてたまらないというのも
月経前症候群(PMS)の症状のひとつです。

食べ過ぎ飲み過ぎで起こる吐き気とは違って
吐けばスッキリするというわけでもないので
本当につらいですよね。

生理前の吐き気に対処する方法を紹介します。

生理前の吐き気はどうしておこるの

まず、生理前に吐き気がおこる原因ですが、
ひとつは生理周期によるホルモンバランスの変化です。

排卵のあとは、女性ホルモンのエストロゲンが減少し
プロゲステロンが増え、妊娠の準備をする時期です。

このときの変化についていけず自律神経が乱れると
胃腸にも影響が出て吐き気をおこすことがあります。

 

また、この時期に増える物質に「プロスタグランジン」が
ありますが、この物質は生理の血を外に出すために
子宮を収縮させるはたらきがあります。

プロスタグランジンが多く出ると、子宮の周りを刺激して
吐き気や下痢など胃腸の症状があらわれますし、
生理痛もひどくなります。

プロスタグランジンを抑える市販薬は?

 

生理前の吐き気を薬で抑えたいなら、胃腸薬よりも
プラスタグランジンの分泌を抑えるものが有効です。

市販薬でいえば、大抵の鎮痛剤は痛みを抑えるために
プロスタグランジンの合成を阻害するはたらきを利用しています。

バファリンやナロンエースなど普段使っている鎮痛剤を
早めに飲むようにするといいでしょう。

薬に頼らず吐き気をおさえるには

生理前に吐き気を感じた場合、
妊娠の超初期症状である場合もあります。

妊活中や妊娠の可能性があるひとは
安易に市販薬を飲みたくないですよね。

プロスタグランジンは、身体が冷えて血行が悪いと
多く分泌されてしまいます。

ですから、身体を温めることで対処しましょう。

 

腹巻きや靴下などで冷えないような服装をしたり
ストレッチなどの軽い運動をするといいですよ。

また、生姜は、身体をあたためてくれますし
吐き気を止める効果もありますので
生姜の入ったホットドリンクを飲むのがおすすめです。

 

生姜入りのPMS対策ハーブティーなら万全ですね♪
         ↓

生活の見直しで予防することが大切

胃がムカムカし吐き気がおきて薬を飲むよりも
やはり症状が出ないよう予防するほうがいいですよね。

日常から規則正しい生活やバランスの良い食事をとることで
ホルモンバランスを崩さないようにすることが大切です。

しっかり睡眠をとって、ストレスをためないよう気を付け
体調を整えておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク