チョコレート

生理前になると、急にチョコレートが欲しくなったりしますよね。あれは、いったい何なのでしょうか?チョコレートに限らず、甘いものが食べたくて仕方ないという経験をしている方は、結構多いかと思います。これには、実はちゃんと理由があるのです。

ところが、この生理前のチョコレートが実は良くないということも知っていますか?辛いPMSを悪化させるというのです!

いったいどういうことなのか、確認してみましょう。

生理前!急にチョコレートが食べたくなるのはなぜ?!

生理前に無性にチョコが食べたくなるのはどうしてなのでしょうか?

これには、女性ホルモンが大きく影響しています。女性ホルモンは、生理前にから生理中にかけて乱れがちになります。生理前になると、なぜかイライラしやすくなったり、不安定になったりしますよね。これは、乱れた女性ホルモンによる影響で、PMSと呼ばれています。

 

生理前になると幸せのホルモンとも呼ばれるセロトニンが不足するため、イライラや不安などといった感情が制御できなくなる傾向があります。幸せのホルモンと呼ばれるように、セロトニンは幸福度を上げてくれるホルモンなのですが、このセロトニンの低下により感情の起伏が起こります。

 

そこで、本能的に気持ちをリラックスさせようとして、セロトニンの分泌が促されることになります。その時に必要なのがブドウ糖(糖分)で、脳内のセロトニンを増やしてくれる作用があるのです。

このブドウ糖は、チョコレートなど甘いものに含まれるショ糖などが、分解されたときに作られるので、チョコレートが欲するのはごく自然な流れということなんですね。

PMS悪化の原因に!チョコレートは危険?

ダメ

幸せのホルモンを増やしてくれるチョコレートなのですが、実はPMS悪化を招くというので注意が必要です。

PMS(月経前症候群)の症状が酷い人は、避けた方が良いでしょう。

生理前の症状に対するチョコレートの影響についてご紹介します。

 

カフェインによる睡眠の質低下

チョコレートに使われるカカオには、カフェインが含まれますが交感神経の働きを刺激してしまうため、PMSの症状にもある不眠の症状を悪化させてしまいます。

また、カフェインは体を冷やすため、PMSによる冷えの症状も悪化させる可能性があります。そもそも、生理前には、体が子宮を温めようとするため他の部位への血流が低下して、身体が冷えやすい状態になっています。ここにカフェイン摂取することで、さらに冷えてしまう原因になるんですね。

 

チラミンによる偏頭痛

チラミンという成分には、血管を収縮させる働きがあります。そのため、偏頭痛を引き起こしたり、生理痛の痛みを増長させる原因となります。

 

低血糖症を悪化させる

糖分を摂取すると、血糖値が上がるイメージがあると思います。しかし、糖分摂取によって急激に血糖値が上がってしまうと、体が血糖値を正常な値に戻そうとしてインスリンをたくさん分泌します。このため、逆に低血糖症を悪化させる要因となるのです。

PMSには、メンタル面での症状に影響する機能性低血糖症があります。PMSで、気持ちがふさぎがち・憂鬱になるといった症状が強い方は、特に気を付けないといけません。

 

チョコレート摂取には他にもメリットが?

チョコ

さんざん、生理前のチョコレート摂取の悪影響をご紹介しましたが、みんなが大好きなチョコに、まったくメリットがないわけではありません。セロトニン分泌を助けるのも一つですが、他にもいいところはあるのです。

 

テオブロミンが血行促進

チョコの苦み成分であるテオブロミンには、血行促進の作用があります。生理前・生理中は、ホルモンバランスの影響に加え、生理時の出血により脳へ送られる血液が不足しがちになりますが、その症状を和らげてくれる成分がチョコレートには含まれています。

また、このテオブロミンには気分を落ち着かせてくれる作用もあるので、PMSの不安定な状態の緩和も期待できます。

 

フェネチルアミンで心身の活力アップ

抗うつ薬にも用いられる成分で、気分を上げてくれる成分です。生理前・生理中の不安定な心を底上げしてくれます。

 

このように、チョコレートを食べることで得られるメリットもあるんですよね。

 

PMS悪化に繋がるなら控えるべき!

ドライフルーツ

チョコレートを摂取して得られるメリットはあるものの、PMS悪化に繋がる危険性も盛りだくさんです。特に、痛みを増長させてしまう危険性があるチラミンが曲者なのです。

 

PMSには様々な症状がありますが、その中でも生理痛や胃痛・頭痛は辛いものです。この痛みが増すなんて、怖すぎますよね。不安定な気分が和らいだところで、痛みが増せばそれこそ憂鬱です。

 

生理前には自然の流れとして、甘いものが欲しくなってしまいますが、やはりチョコレートの摂取は避けた方が良いでしょう。甘いものが欲しくなったら、自然の甘みを摂取できるドライフルーツがおすすめです。

 

まとめ

生理前には、精神状態も不安定になり、体が自然とチョコレートを欲しますが、その弊害を考えると摂取を避けた方が無難です。特に、PMSの症状が重い人は絶対に避けた方が良いでしょう。

チョコレートを食べることで得られるメリットはありますが、デメリットには勝てません。自然の甘みを摂取したり、お風呂でリラックス効果を得る方法に置き換えて、PMS悪化に繋がるチョコレートは我慢するようにしましょうね。

 

スポンサーリンク