生理って、赤ちゃんを産むために必要な仕組みのひとつだし
女性の健康にとっても大切なものです。

それはわかっているのですが、毎月毎月、
じつに煩わしいものではありますよね。

しかも、生理痛がつきもの。
お腹や腰が痛かったり、頭もぼーっとなったりして
仕事に行くのもイヤになってしまいます。

 

でもあなたが、尋常でない痛みに苦しんでいるなら、注意して下さい。

「私って、生理痛が人よりひどいみたい…」

「市販の鎮痛薬を飲んでも飲んでも効かなくて…」

と、生理のたびに寝込んでしまうようなひどい症状は
たんなる生理痛ではなくて「月経困難症」と呼ばれるものです。

月経困難症には2種類あり、原因が違う

月経困難症

月経困難症は、その原因によって2つのタイプに分けられます。

機能性月経困難症

特に婦人科の病気があるわけではないのに症状がでます。

プロスタグランジンというホルモンに似た物質が
通常よりも多く分泌されるのが原因とされます。

プロスタグランジンは子宮の収縮を促す作用があるので、
過剰分泌によって感じる痛みが強くなるようです。

器質性月経困難症

婦人科系の病気が引き金になって症状が出ているタイプです。

原因がはっきりすれば、その病気を治療することで
月経困難症も治ります。

原因となる病気には、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、
そのほかに子宮の奇形や感染症などがあります。

機能性月経困難症の治療法

薬物療法としては、痛みを和らげるため、鎮痛剤や
プロスタグランジンの過剰産生を抑制する薬が使われます。

症状がおもい場合はピルが処方されることもあります。

また、生活習慣の見直しも有効とされています。
適度な運動やバランスの良い食事、規則正しい生活をし
十分な睡眠をとることなどが基本です。

器質性月経困難症の治療法

子宮筋腫や子宮内膜症などの、月経困難症の原因となっている
病気を治療することが第一です。

このような疾患を早期発見・早期治療するためにも
病院で検査を受けることは大切ですね。

生理痛ぐらい…と、ガマンしないで

生理のときの不快感はほとんどの女性が持っているものですが
あまりに症状が重いばあい、病気が隠れていることもあります。

どんなに痛みをガマンしてがんばっても
男性上司や、生理痛の軽い女性には理解してもらえないし
寝込んだりして普通の生活ができないのは損ですよね。

生理がおもすぎてツライなら、病院で検査をして治療を受けましょう。
きっと快適に過ごせるようになると思いますよ。

 

スポンサーリンク