ピカピカのツヤ肌や透明感のある美肌は女性にとって
大切な宝ものです。

お肌の調子が良くて、メイクがばっちり決まると
なんだか無敵になったような気がしますよね。

反対に、ポツポツ、ザラザラと肌が荒れてしまうと
気持ちまで憂うつに、後ろ向きになってしまいます。

 

あなたはお肌の調子がいいとき、悪いときが
生理周期に関係していることをご存知ですか?

多くの女性が、生理前になると、ニキビや肌荒れ、くすみなどの
お肌のトラブルで悩んでいます。

 

どうして、生理前になるとお肌の調子が悪くなるのでしょうか?
そんなときには、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?

そもそも生理前の肌荒れの原因ってなに?

生理前にお肌の調子が悪くなるのは、生理の周期に合わせて
女性ホルモンのバランスが変化するためです。

 

女性の身体は排卵のあと、妊娠の準備をするために
プロゲステロン」というホルモンの分泌を増やします。

プロゲステロンが増えると、皮脂の分泌が盛んになり
皮脂が毛穴につまってニキビやブツブツになります。

プロゲステロンには身体が水分を蓄える作用があるため、
むくみで血行が悪くなり、どんよりとくすんで見えてしまうことにも。

 

また、紫外線の影響を受けやすくなったり、
バリア機能が低下してお肌が敏感になる時期でもあります。

PMS(月経前症候群)のイライラや胸の張り、だるさなどの
症状と重なると、ますます憂うつになってしまいますね。

生理前のスキンケアはやさしく丁寧に

生理前は肌が敏感になっていますので、刺激を与えず
やさしく丁寧なスキンケアを心がけましょう。

 

メイク残りは肌への刺激やブツブツの原因になりますので
クレンジングをしっかりしたいところですが
強力な洗浄剤やゴシゴシ洗いは禁物です。

よく泡立てた洗顔料で肌をこすらないように
やさしく洗い、しっかりとすすいでください。

 

洗顔の後、化粧水をつけるまえに、
拭き取り化粧水を利用するのもおすすめです。

お肌が脂っぽくなったり、新陳代謝が低下して
角質が厚くなってできるニキビの予防になります。

 

スキンケアアイテムはシンプルな処方のものを選び、
しっかりと保湿をするようにしましょう。

皮脂でべたつくからと保湿をケアを怠ってしまうと
バランスが崩れてますます皮脂が過剰になってしまいます。

生理前は肌が敏感!ここに注意!

肌に密着するメイクはしたくないかもしれませんが、
紫外線に過敏になる時期ですので、UV効果のある下地や
日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。

ニキビ肌には、油分の多いリキッドファンデーション
ではなく、パウダーファンデを軽く載せます。

UVパウダーを重ねたり、日傘を使うなど
紫外線対策は十分に行いましょう。

 

お肌がデリケートになっているので、シェービングや
剥がすパックなどはしないようにします。

髪の毛が肌に当たらないようにまとめたり、
カラーリングやパーマを避けることも忘れないで。

 

油っぽい食事を避け、ビタミンB群を積極的にとるなど
食事の面や、睡眠をしっかりとることも重要です。

生理後のピカピカ肌を楽しみに

生理が終われば、こんどは「エストロゲン」の分泌が
活発になり、お肌の調子も安定してきます。

エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれ、
皮膚を強くしてハリやツヤを与えてくれるのです。

この時期は、新しいコスメを試してみたり
エステや美顔器など責めのスキンケアも楽しめます。

 

女性のお肌と生理周期は切っても切れない関係。

正しく知って最適なケアをすることで
ピカピカ肌を守りましょう。

 

スポンサーリンク