生理前になると吐き気がしてつらいというひと。

「ムカムカして何も手につかずはかどらない」

「めまいと吐き気で、横になっても辛い…」

吐き気やムカムカが続くと、気持ちが悪くて
とても日常生活を普通に送れる状態ではなくなりますね。

生理前の吐き気は、PMS(月経前症候群)の症状のひとつです。

イライラや胸の張りなどといった心身の不調に
多くの女性が悩んでいます。

ホルモンバランスの変化によっておこる症状ですので
生理が始まればおさまるのですが
吐き気がひどいときは薬に頼ることも必要でしょう。

市販薬で対処してみる

イブ、ナロンエース、バファリンなど、市販の頭痛薬で
生理前の吐き気に対処することができます。

生理前になると、プロスタグランジンという物質の
分泌が多くなります。

プロスタグランジンは、生理の血を外に出すときや陣痛の際に
子宮収縮を促すはたらきをする物質です。

この内臓を収縮させるはたらきが胃腸に影響して
吐き気を引き起こすことになります。

プロスタグランジンはまた、痛みを強くする作用があり
多くの市販の頭痛薬(解熱鎮痛剤)は、プロスタグランジンの
生成を抑えることで痛みをやわらげています。

つまり、市販の頭痛薬はプロスタグランジンが原因で
引き起こされる、生理前の吐き気にも効果があるのです。

漢方薬はどんなものがあるの?

漢方の考え方では、生理前の吐き気は、

身体に水がたまっている(水滞)ためにおこります。

むくみやだるさがおこる原因でもありますね。

水滞に使われる漢方は次のようなものがあります。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 五苓散(ごれいさん)
  • 苓桂朮甘湯(りゅうけいじゅつかんとう)
  • 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

漢方は体質に合ったものを使わなければならないので
お医者さんや薬剤師さんに相談して選んでもらいます。

漢方薬は婦人科でも処方してもらえます。

病院でピルを処方してもらう

月経前症候群 ピル

日常生活に支障があるほど生理前の吐き気がひどいときは
病院で相談して対策をしましょう。

PMSの症状を抑えるにはピルによる治療が効果的です。

ピルを飲むのには抵抗があるというひともいますが
今は副作用の少ない超低用量ピルもでており
PMSに対しても保険が効くものがあります。

ガマンしてもいいことはありません

PMSをやわらげるには、身体を冷やさないようにして
ゆっくり休むことが大切です。

予防のために生活を見直すことも必要でしょう。

でも、吐き気などのひどい症状をガマンしていても
毎月のように1週間もムダにすることになりますよね。

吐き気をガマンしている間に、プロスタグランジンは
増えてしまい、生理痛までひどくなることもあります。

吐き気がひどく食べることができないときは
病院で点滴をしてもらったほうがいいかもしれません。

つらいときは、お薬や病院に頼っていいのです。

生理前をもっと快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク