毎月決まっておこるPMSの症状を、
「もうすぐ生理が始まるな」と生理の前兆として
とらえている女性も多いと思います。

私も、おなかがチクチクと痛むと「排卵日だな」とか
胸が張ると「そろそろ生理かな」と判断することがあります。

でも、生理じゃないのに「出血」があったら
生理前かな?とは、のんきにしていられませんよね。

生理以外の出血は、不正出血です。

病気の可能性も考えられますので、生理の前兆と決めつけずに
原因を見極めて対処するようにしましょう。

生理の前におこる出血の原因は?

排卵出血

生理予定日の2週間前あたりに起きる出血です。

排卵の際、卵子が卵胞を破って飛び出すときに出血したり、
ホルモンの影響で子宮内膜が剥がれて出血したりします。

少量の出血が、期間は1日程度、長くて3日ほど見られます。
この程度ならとくに心配しなくても大丈夫です。

着床出血

妊娠超初期に受精卵が子宮内膜に着床するときに
子宮壁が傷つき、出血がおこることがあります。

時期は生理開始予定日の1週間前~数日前になります。
出血の量は微量であることが多いです。

必ずあるわけではないですが、妊娠の可能性があるひとは
注意しておくとよいでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

通常の生理は、排卵後、妊娠の準備をしていた状態から
妊娠しなかった場合に急激に女性ホルモンが減少し、
子宮内膜が剥がれ落ちるときにおこる出血です。

精神的、肉体的なストレスによって
ホルモンの減少が早めにおこった場合、
少しずつ子宮内膜が剥がれ落ちることになります。

少量の出血ならば心配いらないことが多いですが
ホルモンバランスを崩さないよう
精神的ストレスや過労には気を付けるようにしましょう。

セックスによる傷

生理前は子宮が充血しやすい状態になっているので
セックスによる刺激で傷がつき、出血することがあります。

パートナーに説明してていねいに時間をかけてもらったり
潤滑ゼリーを使ったりなどの対策をするようにしましょう。

感染症による炎症

カンジダやクラミジアなどの感染症による炎症があると
かゆみやニオイなどの症状の他に出血する場合もあります。

カンジダは疲れがたまるなどして抵抗力が弱ったときや
性器を洗いすぎて常在菌が減ってしまったときに
発症しやすく、薬剤の塗布や服用で治りますが、
性交すれば移ることもありますので気を付けましょう。

クラミジアはセックスによって感染する病気ですので
パートナーも一緒に治療を受けるようにします。

 

>>誰にも知られず性病検査!宅配ドクター

 

子宮や膣に病気がある場合

子宮筋腫や子宮内膜症、膣炎、卵巣腫瘍や子宮がんなど
病気が原因で不正出血が起こることがあります。

重篤な病気の場合もあり、早期発見、早期治療が大切ですので、
気になるときは産婦人科を受診するようにしましょう。

心配なときは産婦人科で診察を

生理前の出血は、ホルモンバランスの乱れや妊娠など
心配する必要のないことがほとんどです。

通常のPMS予防と同じく、規則正しい生活をし
基礎体温を付けて管理するなどして様子を見ましょう。

ただし、生理不順で排卵がおこっていない場合や
重大な病気が原因であることも考えられます。

出血の量が多い、長引く、セックスのたびに出血する、
基礎体温が正しく二層にならないなど、気になる症状が
ある場合は早めに病院で相談するようにしましょう。

スポンサーリンク