生理前になると決まって、ヒステリーになってしまう。

家族や恋人、周りの人との人間関係にヒビが入ってしまい悩んでいるという方もいらっしゃると思います。

月経前は、PMS(月経前症候群)によって頭痛や吐き気などと共に、不安感・イライラなど精神症状を伴う人が少なくありません。ですが、この精神の起伏が激しい場合、それはPMSの域を脱している可能性があるのです。

PMSとPMDD(月経前気分不快障害)はどう違う?

生理前 ヒステリー

生理前に引き起こされる様々な症状は、PMSと認識されている方も多いと思います。
でも、中には実はPMDDだったという場合があるんです。

では、PMDD(月経前気分不快障害)との違いをみてみましょう

類似点

生理が始まると、スーッと症状が和らぎ治まるのはどちらも同じです。

精神症状(イライラ・不安・自己嫌悪・ヒステリーなど)に身体症状(吐き気・頭痛・不眠など)がともないます。

相違点

月経前症候群は、女性の約8割が症状を抱えているのに対し、月経前気分不快障害に当たる人は約5%ほどしかいません。

PMSの症状も辛いですが、月経前気分不快障害になると日常生活に支障を来すほどの著しい精神状態の乱れがみられます。

感情の制御ができず、攻撃的になると、いわゆるヒステリー状態で周りの人とトラブルを起こすほどになります。
また、絶望感で自傷や自殺をしたくなるなど極端な感情になる人もいます。

生理が始まり症状が治まっても、自分の振る舞いを思い出して罪悪感に悩まされてしまうというのも苦しいものです。

生理前のヒステリー対処法は?

体調不良であれば、周りの人たちも理解をしめしてくれることもありますが、精神症状の苦しさはなかなかわかってもらえないものです。

いくらそういう症状があると知っていても、月経前気分不快障害は程度が酷いためPMS以上に理解が得られないのが現実です。

病院に行く前に、自分で対処してみたい場合は、ジョギング・踏み台昇降などの「リズム運動」が効果的です。

月経前気分不快障害には、セロトニン(幸福感を感じるホルモン)が関係しているという説が有力です。その為、セロトニン分泌を促すリズム運動が対処法としておすすめなのです。

外に出てジョギングするのが難しいようであれば、本を重ねたりして台を作り、踏み台昇降運動をしてみましょう。

生理前のヒステリーを治すには?

クリニック

感情の起伏が激しく、自殺したくなってしまう・酷い絶望感に襲われる・不安で堪らない・物に当たってしまう・自傷行為などといった自分ではどうにもならないほどの症状がある場合は、速やかに医療機関を受診するべきです。
その場合、婦人科・精神科・心療内科に受診しましょう。

精神科・心療内科の受診

同じくセロトニンの分泌不足が原因となる鬱病に使われるSSRI(抗うつ薬)が、月経前気分不快障害の緩和にも有効とされています。
吐き気・頭痛など、副作用が起きてしまうこともありますが、徐々に落ち着くのが一般的です。
月経前気分不快障害の治療の中では、一番効果が見られやすいのがこちらです。

婦人科の受診

低用量ピルの処方により、排卵を一度止めた状態で女性ホルモン様の成分を補給して、ホルモンバランス・月経サイクルを整え、緩和に繋げます。
ですが、こちらだけでは酷い月経前気分不快障害の改善は難しいでしょう。

漢方薬での治療、また薬を用いない治療を行っているところもありますので、受診前に月経前気分不快障害の治療をしているか、どんな治療があるかを尋ねるのも良いでしょう。

 

生理前のヒステリーは一人で悩まない

ヒステリーを起こすことに自己嫌悪したり、人から責められたりするととても辛いですよね。でも、本人が悪いわけではありません。

一人で悩まず、医療機関を受診して相談しましょう。
原因がわかることで、一歩前進し心も楽になる場合も多いです。

きちんと治療することが、自分にとっても、周りの人にとっても最善の選択です。

また、セロトニン分泌を促すリズム運動も取り入れて、うまく生理と付き合っていけるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク