生理前にはいろいろな不調がかさなるものですが
腰回りが重だるくて仕方がないというひとも多いですね。

生理前の腰痛は、おなかと腰がどーんと重く感じ、
姿勢を変えても横になってもなんだか苦しくて辛いものです。

気持ちまで下がってしまうこの腰回りの重さ、
原因や対処法についてご紹介しますね。

生理前に腰が痛くなる原因は?

排卵のあと生理がくるまでの間は、女性の身体が
妊娠に向けて準備をしている時期です。

女性ホルモンのひとつプロゲステロンが増えることで
身体におこる変化が、さまざまな不快な症状としてあらわれます。

 

プロゲステロンは栄養や水分を子宮に集めようとするので
骨盤内に水分や血液が滞りやすくなります。

たまった水分が骨盤を内側から圧迫したり
血行不良から周りの筋肉が酸素・栄養不足をおこします。

 

また、このとき分泌されるプロスタグランジンという物質が
子宮の収縮を強くし、痛みを感じさせます。

これから大きくなる子宮のために骨盤をゆるめようと
リラキシンという物質も分泌されます。

もともと骨盤のゆがみがあると、リラキシンのはたらきで
靭帯が緩み、骨盤周辺に負担がかかって痛みが出ます。

 

このように、生理前の腰痛の原因はひとつではありませんが
この時期特有の血行不良や骨盤のゆがみが関係しています。

腰回りが重いときの過ごし方

なんだか腰が重だるい、どんな姿勢をとっても痛い、
という生理前の腰痛を改善するかぎは、血行の改善です。

身体を温め、血の巡りを良くしましょう。

 

ゆっくりとお風呂に入ることはとても効果があります。

ストレスによる体の緊張で血行が悪くなったり
冷えを招くこともありますので
心からリラックスすることはとても大切です。

入浴できないときは、足湯だけでも試してみて下さい。

 

また、温かい飲み物を飲むのも、身体を芯からあたため
気持ちまでほっとできる良い方法です。

コーヒーは身体を冷やすといわれますので、
生姜の入ったドリンクやハーブティーがおすすめです。

生理前の腰痛を予防する方法

普段から身体を冷やしたり、姿勢を悪くしていると
生理前の腰痛がひどくなります。

日頃から身体を冷やさないような生活をこころがけ、
服装や食べ物に気を付けるようにしましょう。

 

エアコンの効いたオフィスは要注意です。
腹巻きをしたり、ひざ掛けや羽織ものを用意しましょう。

ウォーキング、ストレッチ、ヨガなどの軽い運動や
湯船にしっかりつかる習慣をつけると良いですね。

 

砂糖や添加物を避け、バランスの良い食事をとります。

血行を良くするはたらきのあるビタミンEを多く含む
アボカドやナッツを積極的に食べましょう。

 

パソコンやスマホを長時間使ったり、
足を組むクセのあるひとは、姿勢を良くする努力を。

足に合った靴を履くことも大切ですよ。

ホルモンバランスを整えましょう

女性の身体には生理周期があり、きちんと整っていないと
ホルモンの急な変化についていけず、自律神経が乱れ
さまざまな不調が起こりやすくなります。

生理前に腰が重いのも、周期による自然なことなので
生活習慣を見直すことで体調を整えましょう。

ホルモンバランスを整えるサプリメントハーブティー
利用するのも良い方法ですね。

 

日常生活に支障があるほど症状が重い場合は
子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が隠れているかもしれません。

気になる人は婦人科を受診しましょう。
PMSの症状がおもい場合も治療することができます。

 

スポンサーリンク