生理前にイライラや胸のハリ、頭痛などの症状が
おこることを月経前症候群(PMS)といいます。

PMSの症状として胃のムカツキや胃痛があるひともいます。

 

なんだか胃がムカムカして気持ち悪い…

吐き気もあるし、背中も痛い…

胃痛とともに頭痛や肩こりも同時におこったりすると、
何も手につかないくらい辛いですよね。

生理前に胃がムカムカする原因は?

排卵のあとの女性ホルモンの変化で、PMSと呼ばれる
いろいろな心身の不調がおこります。

このときの急な変化が自律神経のバランスを崩し
吐き気やめまいの原因になったり、
胃腸に影響して便秘や消化不良になったりします。

 

また、生理前の胃のムカムカ、吐き気をおこす原因として
プロスタグランジン」が急激に増えることがあげられます。

プロスタグランジンは生理のときの血をうまく外に出すために
子宮を収縮させるというはたらきをもっています。

臓器や血管を収縮させるため、痛みや吐き気を引き起こし
そのうえ痛みを強く感じさせる作用まであるのです。

生理前の吐き気を予防するには

PMSの症状を予防するには、ホルモンバランスを安定させ
自律神経のはたらきを正常な状態にすることが大切です。

また、プロスタグランジンの過剰分泌を防ぐことが必要です。

体の冷えで血行が悪くなると、子宮の動きが弱まります。
そこでもっと強く収縮させようとプロスタグランジンの
分泌量が増えてしまいます。

 

身体を温めて子宮周りの血行を良くするためにも
ストレスを解消してホルモンバランスを安定させるためにも
ストレッチや運動、入浴などが効果的な手段になります。

十分な栄養と睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

ホルモンバランスを整えるサプリメントを利用するのもいいですね。

妊活中のひとはここに注目

赤ちゃん待ちのひとは、吐き気を感じると
まず「妊娠?」と思ってしまうのではないでしょうか?

妊娠の超初期症状として胃のムカムカはよくあることです。

生理前の症状とよく似ていますが、違う点もありますので
次のことによく注意をして目安にしてみて下さい。

吐き気を感じ始めた時期

PMSは生理の1週間前くらいから症状が出るのが普通です。

妊娠のばあいは、排卵、受精のあと子宮内膜に
着床が起こったときから症状がでます。

いつものPMSが起こる時期より早くから吐き気を感じたときは
妊娠の可能性があります。

また、まれに着床出血といって、排卵から1週間の間に
少量の出血があることもあります。

食べ物の好みが大きく変化した

妊娠すると、今まで大好きだった食べ物がきらいになって
思いもよらないものを食べたくなるということがあります。

いつもと違うちょっとした違和感

生理前の吐き気が毎月のようにあるというひとは、
また今回も、と思い込んでしまいがちです。

でも、いつもは食欲が増す時期なのに食欲が落ちているとか、
下腹部がチクチクと痛んだとか、ちょっとした違いを
見逃さないように注意してください。

 

今回は妊娠ではないな、と思っても、妊娠の可能性のあるひとは
安易にお薬を飲んだりしないようにしてくださいね。

そして、妊活中ならばとくに、基礎体温を正しく付けることで
妊娠を見逃さないようにして下さい。

生理予定日がきても体温が下がらない場合は、一週間ほどしたら
妊娠検査薬を使って確かめるようにしましょう。

生理前はマイペースで

女性ホルモンの関係で、排卵から生理までの期間は、
どうしても絶好調とはいきません。

胃が弱いひとはPMSの症状も胃に出やすいんですね。

消化の良いものを食べるようにして胃を休めつつ、
仕事や家事もできるだけ手抜きをしながら
ゆったりとした気持ちで過ごすようにしましょう。

 

スポンサーリンク