女性にとって永遠のテーマともいえるダイエット。

 

「いつもダイエットをはじめてすぐは順調なのに
生理前になると体重の減りがストップしてしまう」

「生理前になると何をやってもダメ。
身体がむくんで、ヤケ食いしちゃったらもうグダグダ…」

 

こんなふうに、生理前の停滞に邪魔されて
ダイエットを断念してしまう人が多いんですよね。

 

どうして生理前は顔や全身がむくんだり
体重が増えてしまったりするのでしょうか?

これを知らないでダイエットを始めると
毎月のように挫折を繰り返してしまうことになるかも…

むくみと体重増加は生理前の宿命?

食事制限や運動で順調にダイエットしていても
なんだかスッキリしない、そんな日もありますよね。

女性には約1ヶ月ごとに繰り返される生理周期があり
大きく2つの女性ホルモンが関わっています。

 

生理前は、女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の
分泌が増え、女性の体は妊娠への準備を始めます。

つまり、栄養分や水分を溜め込むようになるのです。
水分の排出がスムーズにいかないと、むくみが起こります。

 

むくみのせいで寝起きは顔が大きく見えるし、
立ち続けた夕方には足が太くなってしまうというわけです。

溜め込んだ水分の重さは、体重計にもあらわれます。

 

むくんで増えた体重はもう戻らないの?

生理がはじまると、女性ホルモンの分泌が減り、
体温が下がって血行が悪くなり代謝が落ちます。

するとまたむくみやすくなりますし、
生理痛で動きたくないとますますどんより…

 

ですが太りやすいのはここまでで、生理が終わり
ホルモンバランスが変わるとまた変化が訪れます。

 

生理になるとお通じがあったり尿がたくさん出たり
だんだん水はけが良くなると感じませんか?

生理はデトックスでもあり、身体がスッキリしますよね。

 

ホルモンの影響で増えた水分が抜ければ
体重も元に戻りますので心配はいりません。

過食を抑えるのがダイエット成功の秘訣!

「え?生理が終わっても痩せないんだけど…」

というひとは、生理前に食事量が増えませんでしたか?

 

むくみで太って見えていた原因の水分は抜けても
生理前に食べ過ぎて脂肪になってしまった分は減りません。

 

生理前はプロゲステロンがインスリンのはたらきに影響し
急な低血糖がおこりやすくなり、空腹感をおこします。

また、血糖値を上げようと分泌されるアドレナリン
イライラをまねくので過食に走ってしまいがちです。

 

生理前の溜め込み期、イライラ期に過食の癖を
つけてしまうと、本当に太ってしまうことになるのです。

むくみによる体重増加を気にしているとそれがストレスになり
過食につながるので、一喜一憂しないことが大切ですね。

 

 

この時期の食事は、量を制限しようと頑張るよりも、
バランスよく食べることを心がけましょう。

水分を排出する効果のあるカリウムを含む食材として
大豆製品やアボカド、ほうれん草などがおすすめです。

また、むくみが気になるからと水分を控えるのは間違いです。
こまめに、できれば温かい飲み物で水分補給をしましょう。

 

ホルモンバランスを整えて身体を温めてくれる
ハーブティー(甘くて美味しい♪)がおすすめですよ。

⇒PMS対策ハーブティーを飲んでみました

生理前はあきらめちゃう?割り切りも大切

女性は生理周期による女性ホルモンの影響を受けるので
生理前にむくみやすく、太りやすいのは仕方のないことです。

 

この時期はいっそ減量をあきらめ、ストレスがたまらないように
できるだけリラックスして過ごすようにしましょう。

ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活をし、
血行を良くするための軽い運動を心がけるといいですね。

 

生理が終われば、今度はエストロゲンが増加し
脂肪燃焼率がアップする、ダイエットに最適な時期となります。

生理前、生理中に過食を抑えて脂肪を増やさなければ、
生理後の痩せ期にイッキに結果を出すこともできるのです。

 

女性の周期は、ダイエットの敵にも味方にもなるわけですね。
前向きにとらえてがんばっていきましょう。

 

 

スポンサーリンク