生理前になるとアゴがむずっとしてニキビがポツ、ポツ…

生理前って、気分的にイライラしやすかったり、
なんとなく身体がだる重かったりでただでさえ憂うつな時期なのに、
お肌の調子まで悪いんじゃ踏んだり蹴ったりって感じですよね。

せめてお肌がピカピカだったら、もっと過ごしやすいんだけどな…

生理前の肌荒れって、どうして毎月繰り返してしまうのでしょうか?

生理前ににきびができる原因は?

排卵後から生理までの間、女性の身体は妊娠に向けて準備をしています。

女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌が増え、
赤ちゃんのベッドとなる子宮に栄養や水分を蓄えるという仕事をします。

プロゲステロンには男性ホルモンに似たはたらきもあるため、
皮脂の分泌量が増えます。

過剰な皮脂が毛穴を塞いでしまい、ニキビになるんですね。

 

さらに、この時期は肌が乾燥しやすかったり、
皮膚のターンオーバーも乱れがちで肌荒れしやすい
コンディションになっていますので
なおさら毛穴がふさがりやすいんです。

また、敏感になった肌を守るためにメラニン色素ができやすく、
シミが目立つ、肌がくすむなどの悩みも出てきます。

生理前特有の症状であるむくみ便秘も、
肌の状態を悪くする原因になります。

生理前にきびは食事で予防できる?

生理前のにきびは、食生活を見直すことで予防できます。

生理周期に合わせて女性ホルモンを整えるために、
食事の面で気を付けるべき点をご紹介しますね。

過剰な皮脂分泌を抑えるために

プロゲステロンのはたらきで皮脂量が増えるこの時期は、
脂っこいものを控えることが大切です。

脂の多いお肉や揚げ物、ナッツ、チョコレートや洋菓子、
スナック菓子などは避けるようにしましょう。

 

また、脂質の代謝を助けて皮脂の分泌を抑える
ビタミンB群を心がけて摂ります。

豚レバー、納豆、焼き海苔、玉子、牛乳などと一緒に
緑黄色野菜をたっぷり食べましょう。

むくみを予防するために

むくみは、見た目がスッキリしないだけでなく、
肌を乾燥させたりたるみにつながるなど、
美肌のためには避けたい症状です。

生理前は水分を溜め込んでむくみやすくなりますから、
カリウムを含み利尿作用のある食品を摂って水はけを良くしましょう。

きゅうり、ズッキーニ、アボカド、バナナ、ほうれん草などを食べましょう。
はとむぎ茶やコーン茶の利尿作用を利用するのもおすすめです。


便秘を予防するために

便秘はニキビや肌荒れのもとです。

生理前は便秘になりやすいですが、
食物繊維の豊富な食品をとって便秘を予防しましょう。

きのこ、海藻類、ゴボウなどの野菜、こんにゃく、シリアル、ヨーグルトなど、
自分の便秘に効く食べ物を日頃から探しておくといいですね。

ホルモンバランスを整えるために

生理前でも肌荒れしないというひともいます。

ホルモンバランスが整っているひとは、イライラなどの
PMSの症状もおもくならないんですね。

生理に関係する女性ホルモンは2種類あり、
生理前にはプロゲステロンが増えるのは普通のことですが
過剰になりすぎるとバランスを崩してしまいます。

 

そこで、もうひとつの女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをする
イソフラボン」を補ってあげるとバランスが整います。

イソフラボンは豆乳、納豆、豆腐などの大豆製品に含まれています。

生理前だけ豆乳を飲むようにするとPMSの予防になるのでおすすめです。

スキンケアや睡眠にも気を付けて

毎日の食生活は、お肌の調子やPMSの改善のためにとても大切です。

日頃からバランスの良い食生活を心がけて体調を整えておくと、
生理前の不調もひどくならずに過ごすことができます。

ホルモンバランスを良い状態で保つためには、
食事のほかにも、ストレスを避け睡眠を十分にとるなど
健康的な生活を送りたいですね。

 
また、スキンケアについては、生理前、生理中は
お肌が敏感になっているのでシンプルなお手入れで
十分に保湿をするようにしましょう。

生理が終われば、プロゲステロンにかわって
エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増え、
お肌も絶好調の時期を迎えます。

気になっていた責めのスキンケアを試したり、
新しいメイクでお出かけするなど、思い切り楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク