生理の始まる前に、イライラしたり身体がだるかったりなどの
不調があることを月経前症候群(PMS)といいます。

多かれ少なかれ女性には当たり前にある症状ではありますが
生活に差し支えがあるほど悩んでいるなら、病院に行きましょう。

とはいえ、婦人科に行くとなると
そんなことで…と言われない?内診はあるの?など
何かと不安も多いですよね。

この記事では、病院でまず処方されると考えられる
「ピル」についての不安を解消しましょう。

そもそもピルってどんなものなの?

クリニック

ピルというと、避妊のためのお薬だとは知っているでしょう。
確かに、ピルとは経口避妊薬のことです。

女性ホルモンに似た成分が、身体を擬似妊娠状態にし
排卵を抑制するので、服用をやめるまで妊娠しません。

ホルモンバランスが調整されるので、避妊だけでなく
子宮内膜症や月経困難症などの治療にも使われています。

PMSの治療に使われるのは低用量ピルです。
1日1回、決まった時間に服用します。

ピルの効果には個人差があるので
数種類のピルを変更しながら試す場合もありますが
急激なホルモンの変動がなくなり、症状が改善していきます。

どんな副作用が出るの?

PMSに有効で使いやすいピルですが、やはり副作用があります。

飲み始めに出るつわりのような症状

ピルを飲み始めると、頭痛や吐き気、乳房の張りなど、
まるで妊娠初期のつわりのような症状が出ることがあります。

ホルモンバランスが妊娠した状態になっているためで、
通常は1週間ほどでおさまっていきます。

重篤な副作用もまれにはあります

ピルで起こる重篤な副作用といえば「血栓」があります。
血液が固まりやすくなり、血栓症のリスクが高まるのです。

ですがこれは妊婦の場合の半分以下のリスクで
現在の低用量ピルにおいてはほとんど心配はいりません。

ただし高血圧の方や喫煙者は、ピルの利用ができません。
他にも飲んではいけない人、注意が必要な人がいます。

低用量ピルは個人輸入で手に入れる方法もあるそうですが、
必ずお医者さんと相談のうえ処方してもらいましょう。

月経前症候群 ピル

太る、癌になるはホント?ウソ?

ピルに関するうわさとしては、太る、癌になるなどがあります。

確かにホルモンの関係で太りやすくなる可能性はありますが
低用量ピルの含有量ではそう心配することでもありません。

乳がんの発生リスクが高まるといううわさも一時でたようですが
現段階で関連性があるとは認められていません。

逆に、ピルのうれしい「副効用」として、
肌がきれいになる、貧血が改善される、生理痛が軽くなる、
卵巣がんや子宮体がんなどのリスクを低下させると言われています。

ピルはPMSの救世主?

あなたが月経前症候群でひどく悩んでいるなら、
低用量ピルは助けになるかもしれません。

もし、ピルにまつわる悪いうわさや副作用が心配で
ためらっているのなら、もったいないですよね。

きちんとお医者さんの指導のもとで服用すれば
安全性の高いPMSの特効薬なのです。

 

スポンサーリンク