生理前の症状が非常におもく、ひどいうつ状態に陥ったり
まるで性格が変わったように攻撃的になったりして
普通の生活すらままならない…

そうなると、もはやPMS(月経前症候群)ではなく、
PMDDの可能性があるかもしれません。

PMDDってなに?うつ病の一種ってほんと?

pmdd

PMDDとは、「月経前不快気分障害」といい
PMSの症状がさらにひどくなる状態です。

身体の症状もありますが、精神的な症状が強く出るために
自殺願望や自傷行為を引き起こしてしまうことがあったり
人間関係に影響が出て社会生活がむずかしくなったりと
深刻な問題にもなりかねません。

アメリカ精神医学会が制作しているマニュアルでは、
PMDDはうつ病の一つに数えられています。

ただ、うつ病とちがい、どんなに深刻な症状でも
PMSと同じように、生理が始まると同時におさまっていきます。

PMDDのチェックリスト

それでは、PMDDのセルフチェックをしてみましょう。

 

生理前の黄体期に次のような症状に当てはまるものがあり
生理のあと1週間はその症状がない場合、PMDDの可能性があります。

 

  • 抑うつ気分や絶望感があり、自己卑下の気持ちが非常に強くなる
  • 強い不安感や緊張があり、いらだちを感じる
  • 情緒不安定がいちじるしい
  • 激しい怒りが続き、対人関係において摩擦がおきやすい
  • 仕事、学校、遊びなど日常の活動への興味がなくなる
  • 集中力がなくなり些細なミスが増える
  • 倦怠感があり、何事にもやる気がでない状態になる
  • 食欲がなくなる、または過食、特定の食べ物ばかりを食べる
  • 過眠、または不眠などの睡眠障害
  • 自分をコントロールできないと感じる

 

このような精神的な症状のほかに
乳房が張りや痛み、頭痛、吐き気、むくみ、便秘、体重増加など
身体的な症状も強くなりがちです。

PMDDは専門の病院で相談、治療をすれば改善します

セルフチェックをしてみてPMDDかもしれないと思ったら
早めに専門の病院(精神科や心療内科)に相談しましょう。

カウンセリングや薬物療法などで症状は改善できます。

PMDDは同じ女性でも理解しづらいほど症状がおもいため
深く傷ついたり、自分を責めてしまいがちです。

ひとりで悩んだり引きこもったりすることなく
正しい対処をしていきましょうね。

スポンサーリンク