とにかくイライラが止まらなくって、
彼氏にヒステリックにわめきちらしてしまった。

私って、ひどい彼女だよね。別れようって言われるかも。

でもなんか身体がだるくておなかも痛い気がするし
なにもかもどうでもいいや…って気になっちゃう。

これってもしかして、うつ病とか悪い病気のせいじゃないの?

心療内科とか、行ってみたほうがいいのかな…

 

もしもあなたが、そんなふうに思っているのなら、
心療内科よりも、婦人科やレディースクリニックに
相談するほうがいいかもしれません。

あなたが悩んでいる精神的、身体的な症状が
生理前の時期だけに起こっているなら
月経前症候群(PMS)だと考えられるのです。

月経前症候群(PMS)という病気の診断基準

日本産科婦人科学会では、PMSはこのように考えられています。

次のような症状が、生理が始まる1週間前から現れはじめて
3日前くらいから症状が強くなる。

そして、生理が始まったらその症状が消える。

  • いらいら
  • のぼせ
  • 下腹部膨満感
  • 下腹痛
  • 腰痛
  • 頭重感
  • 頭痛
  • 乳房痛
  • 怒りっぽくなる
  • 落ち着かない
  • 憂うつ
  • 浮腫
  • 体重増加

月経困難症にくらべ、精神的な症状と乳房の張り・痛みが多い。

 

症状は多岐にわたり、個人差が大きいものですから
思い当たることがあれば、病院に行ってみるといいでしょう。

病院に相談に行くときに準備するもの

レディスクリニック

急に婦人科に相談に行かなくちゃと思っても
基礎体温を付けていないから…と心配になるかもしれません。

基礎体温表があれば、ホルモン分泌の状態や排卵期などがわかるので
女性の健康管理のために大切なものですが
月経前症候群の診断のためにぜったい必要なものではありません。

次のことをお医者さんに話せるようにしておくといいです。

  • 最後の生理がはじまった日
  • どんな症状が出るのか
  • 症状の出る時期、強さの度合いなど

もちろん3ヶ月ほど基礎体温を付けて、
自分の症状をメモするか、日記に書いておくと万全です。

でもつらい症状が出ているなら、早めに相談にいって
指導を受けるのもいいと思いますよ。

気の持ちよう、性格のせい、と自分を追い詰めないで

月経前症候群なら、ホルモンのせいで症状がでるのですから
自分を変えようとしてもうまくいかず苦しいばかりです。

生活習慣や考え方などが、月経前症候群の症状を
出やすくすることもありますので
対処するために改善すべき点もあるかとは思います。

実際、まじめで自分に厳しい人はPMSになりやすいんですよ。
自分を責めたりせず気をらくにすることが大切です。

月経前症候群とまぎらわしい病気もありますので
病院に行くことをためらわないでくださいね。

スポンサーリンク