毎月の生理がキツくてキツくて耐えられない…

イブもバファリンも効かないくらいの生理痛で
会社を休んでしまって周りの目が冷たい…

そういった、日常生活に支障がでるほどの月経痛などは
「月経困難症」といい、病院で治療することができるんですよ。

月経困難症の治療薬「ヤーズ」

婦人科などで聞診や検査を受けて月経困難症の診断がおりると
低用量ピルが処方されることがあります。

いろいろな低用量ピルがありますが、新しいお薬として
「超低容量ピル ヤーズ」が登場しました。

ヤーズは、避妊効果もありますが、避妊薬としてではなく
月経困難症や月経前症候群(PMS)の改善に使われます。

ヤーズの特徴は?ニキビにも効くってほんと?

月経困難症 ピル

ルナベルやフリウェルなどの低用量ピルに比べて、
ヤーズは卵胞ホルモン薬の量がさらに少ない超低用量ピルです。

また、黄体ホルモンもドロスピレノンという
体内の自然な黄体ホルモンに近いものが採用されているので
吐き気やむくみなどの副作用が少なくなっています。

ドロスピレノンは男性ホルモン作用を抑えるので
PMSの軽減、ニキビの改善なども期待できます。

副作用やデメリットは?

副作用が少ないとはいえ、飲み始めはホルモンの変化があるので
頭痛や吐き気、乳房の張りなどの症状が出ることがあります。

また、有効成分を最低限まで抑えているために
出血を抑える力が弱く、最初は不正出血があるかもしれません。

重篤な副作用として血栓症のおそれもありますので、喫煙しない、
水分を多くとる、エコノミー症候群に気を付けるなどの必要はあるでしょう。

保険が効くので安心して!必ず病院で処方してもらいましょう

ヤーズは月経困難症の治療薬として認可されています。

月経困難症と診断されれば、健康保険が適用されますので
おもい生理に悩んでいるひとは婦人科に相談しましょう。

ピルを個人輸入やネット通販で手に入れるひともいるそうですが
副作用があっても補償されませんし、本物かどうかもあやしいものです。

お医者さんと相談しながら、正しく使ってくださいね。

スポンサーリンク