生理前になるとズキズキとした頭痛に悩まされてしまう女性が、とても多いといわれています。
身体がだるく、疲れやすいこの時期に、頭痛まで伴うととても辛いですよね。

普段から頭痛持ちの人は、これが生理前特有の頭痛と気づいていないことも少なくありません。いったいなぜ、生理前には頭痛が引き起こされてしまうのでしょう。
その原因とともに、対処法をお知らせしたいと思います。

生理前の頭痛の原因は?

生理前に引き起こされる頭痛は、女性ホルモンの一種エストロゲン(卵胞ホルモン)が関係していると考えられています。

このエストロゲンは排卵後、一気に減少します。さらに、このタイミングで幸福度を高めてくれる脳内物質“セロトニン”も同時に減少してしまうのです。それが影響し、周囲の神経などに刺激を与え頭痛を引き起こす原因となってしまいます。

つまり、生理前に起きるホルモンバランスの乱れからくるもので、PMSの一種ということ。
エストロゲンの減少は、生理前と生理直後にみられ、この時期に頭痛に悩まされる女性が多いのです。

脈を打ったようにズキズキ痛むのが特徴で、頭を下げる体制になると痛みが増す傾向があります。

生理前の頭痛を改善するには?

女性ホルモンは、生理周期に合わせて増減していますので、これ自体はどうにもできません。といっても、このつらい頭痛をどうにかしたいですよね。
そこで、生理前の頭痛におすすめの対処法をいくつかご紹介したいと思います。

生活リズムを整えよう

ホルモンバランスの乱れが関係しているので、ホルモンバランスの乱れに繋がるようなことを避けましょう。生理前に関わらず、生活リズムを整え規則正しく過ごしましょう

体を温める

血流の悪さ(冷え)は、ホルモンバランスの乱れを招きます。
体を温めて、血流を促していくことでホルモンバランスが改善していくでしょう。

体を温めて血行促進するには、半身浴・ストレッチなどがおすすめです。半身浴をする場合、半身浴前・半身浴後の水分補給を忘れないようにしましょう。
※脱水の状態でいると、血液がドロドロになってしまい反って血流が悪くなります

ストレッチでは、一か所につき20秒ほどを目安に伸ばしましょう。伸ばしすぎは、筋肉や筋を傷めてしまうので気を付けてくださいね!

食事に気を付ける

バランスの良い食生活を心掛けましょう。生理前は、体が栄養とともに水分も蓄えようとするためむくみやすいので、塩分は控えめにするようにしましょう。
カフェインに関しても、神経が刺激されやすく、不眠などを招くので生理前は控えるか普段より減らすようにしてください。

また、大豆製品にはエストロゲン様の作用を持つ成分が含まれているので、食事に取り入れることをおすすめします。

ウォーキングをする

生理前は疲れやすいので、無理な運動は禁物です。
ですが、ウォーキングなどの軽い運動であれば血行促進にもなりますし、頭痛の原因にもなる“セロトニン”の分泌を促せるのでおすすめします。

生理前は、体力も消耗しやすいので無理せず安静にしましょう。また、睡眠時間をしっかり確保することも、生理前の辛い症状の緩和にとても大切なことです。

頭痛がひどい場合は婦人科へ

いろいろPMSによる頭痛の対処法を試したけど、一向に改善しないという女性もいらっしゃると思います。PMSは、重い人・軽い人で全然症状が違いますからね

そんな場合は、婦人科で低用量ピルなどを処方してもらいましょう。
放置しておくと、ますます症状が重くなることがあります。

低用量ピルは、ホルモンバランスを整えていってくれるお薬です。
頭痛だけでなく、生理前に悩まされる様々なPMSの症状にも効果があります。
このまま、毎回のように辛い症状を我慢していると、ますますホルモンバランスの乱れがひどくなることもあります。我慢せず、お薬でPMSの緩和をして楽になっていきましょう。

婦人科に行きにくい場合は市販薬で対処

何らかの理由で婦人科の受診は避けたいという方は、市販の鎮痛剤を服用するのも良いでしょう。

生理痛に特化した鎮痛剤も販売されていますね。
但し、すごく痛くなってからでは効きにくい傾向があります。鎮痛剤を服用するなら、痛みはじめ/痛む前から予防として飲むのも良いと言われています。

但し、過剰に摂取するのはやめましょう。
鎮痛剤の過剰摂取による頭痛もあるので、必ず用法容量を守って、必要な時だけ飲むようにしてください。

まとめ

生理前の頭痛は、急激にエストロゲンが減少することで引き起こさるPMSの一種です。
ホルモンバランスの影響は、女性である限りどうにもできない生理現象ですが、ホルモンバランスの乱れを改善することで、頭痛の緩和にも繋がるでしょう。
生活リズムを整え、体を温めたうえで安静に過ごしましょう。また、余裕があればウォーキングをするのもおすすめです。

頭痛がひどく我慢できないときは、婦人科を受診してPMSを治療しましょう。また、鎮痛剤で対処する場合は、痛みがひどくなる前に飲むのがポイントです。

スポンサーリンク