毎月のように、生理前になると頭痛に悩まされるというひとは多いんです。

 

「会社を休みたくなるほどの頭痛でイヤになってしまいます…」

「光や音に敏感になって、頭痛がつらい。」

「頭が押さえられるようにくらくらしてたかと思うと、ガンガン痛みだす!」

 

こんなふうに、頭痛の症状や強さもそれぞれのようですが、
確かに月経前症候群(PMS)の症状のひとつとして、頭痛はよくあることです。

生理前になると頭が痛くなるのはなぜ?

生理前の頭痛の原因はホルモンバランスの変化です。

生理前になると、女性ホルモンの「エストロゲン」が減り、
「プロゲステロン」が増えます。

この急激な増減が自律神経の乱れをまねき、
頭部の血流に変化を起こします。これが頭痛につながるのです。

 

また、エストロゲンが減少するとともに、神経伝達物質の「セロトニン」の
分泌量も減ってしまい、脳内の血管が拡張して頭痛の原因となります。

 

PMS期は、ホルモンの関係で水分をため込みやすかったり
血流が悪くなったりするため、全身の不調が起こりやすく、
ストレスや肩こりなど、頭痛につながるいろいろな原因が考えられます。

 

月経前症候群の頭痛には二通りあります。

あなたの頭痛は、ズキンズキンと脈打つように痛みますか?
それとも、ギューっと締め付けられるような鈍い痛みですか?

ズキンズキンなら偏頭痛、締め付けられるようなら緊張型頭痛と判断できます。

脈を打つようにズキンズキン…偏頭痛のばあい

ズキンズキン、ガンガン、と激しい偏頭痛は本当につらいですね。
頭や身体を動かすと痛みが悪化し、吐き気をともなうこともあります。

 

生理前の偏頭痛は特に「月経関連偏頭痛」といわれますが、
症状や予防法は一般の偏頭痛と同じです。

頭痛がはじまる前にチカチカした光が見える前兆があることもあるので、
来るな、と思ったら早めに鎮痛剤を飲むようにしましょう。
できれば部屋を暗くして安静にします。

 

偏頭痛は脳内の血管が拡張しすることで起こっているので、
頭を冷やしたり、コーヒーなどを飲んでカフェインをとることで
血管を収縮させると痛みが和らぎます。

ただし予防のためには、日頃はカフェインを避けたほうがいいです。
カフェインはPMSを悪化させるともいわれていますので
PMSの症状がある人は気を付けるようにしましょう。

頭を締め付けられているみたい…緊張型頭痛のばあい

偏頭痛ほどの激痛ではなくても、圧迫感や頭が重い感じが長く続く緊張型頭痛。
身体がだるく、ふわふわしためまいをともなうこともあり、なんとも憂うつな頭痛ですね。

偏頭痛とは逆に、脳の血管が収縮して血行が悪くなっていることが
緊張型頭痛の原因です。筋肉のこわばりから来ているので、
ストレッチやマッサージ、入浴などで身体をほぐしましょう。

 

ホルモンバランスの乱れによるPMSの症状ですので、
規則正しい生活やストレスをためないことが予防になります
日頃から姿勢をよくして身体を動かすように心がけましょう。

症状が酷いときは病院へ

ひとによっては、片頭痛と緊張型頭痛が同時に起こるということもあります。
原因が異なりますので、対処を間違わないようにしなければいけません。

動いたり温めたりすると偏頭痛が悪化しますので、
早めに鎮痛剤を服用するようにしましょう。

 

生理前に限って定期的におこる頭痛ならPMSの症状といえると思いますが、
日常生活に支障があれば婦人科や頭痛外来で相談してみることも必要になります。

原因として貧血が隠れていることもありますし、急な激痛に襲われたときなどは
重篤な病気の可能性もありますので、早めに受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク